- シャッター専門店・車庫・倉庫・窓/久留米シャッター販売

価格が予算に合わない場合は値切ってください。

見積をもらったが高いように思える、予定していた金額に合わないなどありましたら、遠慮なく値切ってください。

メーカーに交渉して、なるべくお客様のご希望価格に添うように致します。

「まとめサイト」などで複数の業者から見積を取りましょう的な広告を多数見かけますが、当店にも仕事斡旋広告の電話やFAXが来ますが、ここは地域の業者に仕事を斡旋して20%~30%斡旋料を取ると言うシステムです。

いわば、何もしないでお金を儲けるのです。

確かに複数の見積を取って比較するのは良いと思いますが、地元に住んで地元で生活する業者が一番安心出来ます。

東京の、シャッターのことなど何も知らない業者が地元の業者に丸投げするのです。

地元の業者も売り上げから20%~30%も抜かれるのですから、たまったものではありません。

工事と言うものは、新築以外は何があるかわかりません。

既存のシャッターを外してみたら、柱が腐っていた、シャッターケースの土台部分が腐っていて補強が必要だったなど日常茶飯事です。

最初から値段が決まっていて、利益のほとんどを斡旋業者に持って行かれることがわかっていれば、途中で変更や補強工事の追加など不可能です。

赤字では工事はしませんし、仕事を受けた会社の現場監督もいない訳ですから、仕事を受けた範囲内でしか仕事はしません。

シャッター取替工事は、地元で長年工事業を営んでる「シャッター専門店」に頼むべきです。

値段が高いと思われるのなら、値切ればいいんです。

安心して信頼して頼める地元の業者に頼みましょう。


土日祝日も営業中!お問い合わせはお気軽に!

久留米シャッター販売
担当 原田
TEL 0942-73-5138 ( 午前 7:00~午後 9:00 )
メールでのお問い合わせ ⇒ こちらから


タグキーワード
  • No Tag

シャッター取替工事は、下地工事が重要!

シャッター取替工事は、下地工事が重要です。

シャッターの寿命は、メーカー推奨10年か1万回開閉と言いますが、実際のところ30年40年ご使用で取替依頼が多数です。

もうボロボロ腐って「こりゃ危ない」レベルか、開閉・上げ下げに支障をきたして毎日がツラい状態でないと取替する気持ちには至らないようです。

シャッター本体だけ取り替えて良しとするお客様がいらっしゃいますが、これは危険です。

30年40年経ってシャッターがボロボロと言うことは、シャッターの土台である車庫や倉庫自体もボロボロである可能性が「大」です。

せめてシャッターの土台だけでも補強しないと、シャッターの寿命にも影響しますので「シャッター専門店」にご相談されることをお薦めします。

シャッター専門店は、シャッターが寿命を全う出来るようにシャッターの土台を補強・作成できるところにご注文されるべきです。

安易に安いだけのシャッターだけの取替をすると結果大きな損失になります。

業者の中には、スパーのトイレットペーパーの安売りのごとく目玉商品的にシャッターを売り出してるところがありますが、こういうところに頼んでしまうと後から大変なことになってしまいます。

建物の構造やリフォームも出来る高い技術力のあるシャッター専門店に注文してください。

土日祝日も営業中!お問い合わせはお気軽に!

久留米シャッター販売
担当 原田
TEL 0942-73-5138 ( 午前 7:00~午後 9:00 )
メールでのお問い合わせ ⇒ こちらから
タグキーワード
  • No Tag

大型シャッター・特殊シャッターのご用命は、久留米シャッター販売へ!

一般向けガレージや車庫・倉庫のシャッター、スチール製最大幅5.5m・アルミ製6.3mなどの取付は当店にお任せ下さい。
土台工事の鉄骨工事・溶接工事・左官工事・電気工事・大工工事など当店技術スタッフが仕上げます。

そこへシャッターメーカー専属職人がシャッター本体を取り付けます。

その後、当店スタッフにより仕上げ化粧工事を行い完了となります。

こんなところ無理だろうと思われる場所でも、取付られる場合があります。一度ご相談ください。
現場を確認させて頂きご提案致します。

【提案実績】
○ 7mの間口の倉庫に5.5mの電動シャッターと手動1.5mの組み合わせ。
区画整理により倉庫の入口と道路が面一のため倉庫外にも取付スペースなし。倉庫内の天井にもH鋼が通っていてスペースなし。→屋根の上に鉄骨組で土台を作りケースを乗せ、そこから真下に降ろす方式を提案しました。

○ マンション1階の駐車場奥にオーナー様の自家用車専用駐車場の設置依頼。

天井高2m、5.5mのワイドシャッタ-ご希望。
シャッターケースの高さだけでも50cmあるのに2mの天井高。

天井を解体し、天井内の鉄骨にシャッター下地用鉄骨を溶接し枠組みを作成、そこへシャッター本体を納め、天井下10cmで仕上げ。

○ 店舗兼住居をビルトインガレージへ。(店舗移転、自宅店舗跡をガレージにとのご依頼。)
10mの間口に5.5mの電動シャッター、残り4.5mを壁面に、店舗内ショーケース・ショーウインドウの撤去。窓と換気扇と郵便ポストの新設。
土間のコンクリート補強及び傾斜工事。


土日祝日も営業中!お問い合わせはお気軽に!

久留米シャッター販売
担当 原田
TEL 0942-73-5138 ( 午前 7:00~午後 9:00 )
メールでのお問い合わせ ⇒ こちらから


タグキーワード
  • No Tag

門扉型シャッターの薦め!

・門扉型シャッター
・シャッターゲート
・独立型シャッターとも言います。

シャッターの土台とシャッターが一体化して独立しているので、カーポートと組み合わせたり、


カーポート組


建物の横や裏に駐車場がある場合などにシャッターを取り付けられ防犯性に優れています。

通路上


土日祝日も営業中!お問い合わせはお気軽に!

久留米シャッター販売
担当 原田
TEL 0942-73-5138 ( 午前 7:00~午後 9:00 )
メールでのお問い合わせ ⇒ こちらから
タグキーワード
  • No Tag

カーポートにシャッターを付けよう!

車庫やガレージは屋根がある駐車場のことを言いますが、柱・壁・天井で構成されているため、れっきとした建物です。

それに対してカーポートは車庫やガレージと違って屋根と柱のみで構成されたものです。
そのためカーポートは防犯性に乏しく、侵入者が車に近づいても気が付かない場合があります。

カーポートにシャッターをつけると侵入者は容易に車に近づくことが出来なくなります。

車上荒らしや車の盗難の40%は自宅の駐車場で起きているとされ、その犯行は夜の10時から朝9時までの、近所の住民が寝静まった時間や早朝などに行われてるようです。

センサーライトやカメラなどを取付て工夫されていますが、深夜まで自宅の車を見張るのは難しいです。

カーポートにシャッターを取り付け玄関門扉と一体化すれば24時間駐車場や玄関周りを気をかける必要はなくなります。

シャッターは大切なお車を守る防壁となります。


土日祝日も営業中!お問い合わせはお気軽に!

久留米シャッター販売
担当 原田
TEL 0942-73-5138 ( 午前 7:00~午後 9:00 )
メールでのお問い合わせ ⇒ こちらから
タグキーワード
  • No Tag
Copyright © シャッター専門店・車庫・倉庫・窓/久留米シャッター販売 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます