車庫・ガレージ、倉庫シャッターの老朽化に伴う交換工事。 - 車庫と窓のシャッター専門店/久留米シャッター販売

車庫・ガレージ、倉庫シャッターの老朽化に伴う交換工事。

既存の車庫・ガレージシャッター・倉庫シャッターが20年、30年と経過して、上がらない(開けられない)下がらない(閉まらない)
開閉がスムーズに出来なくなっているというご相談が増えて参りました。

ここまでの年月が経過しますと、シャッターケース内のバネも完全に正常な状態では無くなっているため、シャッターケース内のシャフト交換は最低限必要になります。

ただ、スラット部分(蛇腹部分)も錆びたり、変形したりで、スムーズな動きをしていない場合も多くありますし、レールの錆びや変形もあります。

どちらにしても、寿命を超えているシャッターは交換するのが最適です。

修理をする場合は、毎年チョコチョコするようになり、結局高いものにつき、しかもストレスが溜まる原因にもなります。

それと、シャッターの取り換えの場合、シャッターのみを交換出来る場合や、レールやボックス等が壁や天井に埋まっていて、大工さんの解体や補修工事、あるいは塗装工事、左官工事が必要になる場合もありますので、まずは当店にご相談ください。

当店では外注に頼ることなく大工工事や塗装工事、左官工事など一括でお受け出来ますので安心です。


お問い合わせはお気軽に!
 TEL 0942-73-5138  担当 原田(ハラダ)

メールでのお問い合わせ ⇒ こちらから

公式サイト ⇒ こちらから

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 車庫と窓のシャッター専門店/久留米シャッター販売 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます