そもそも雨戸や窓シャッターは必要か?/久留米シャッター販売 - 車庫と窓のシャッター専門店/久留米シャッター販売

そもそも雨戸や窓シャッターは必要か?/久留米シャッター販売

※雨戸とは、
基本的に、住宅のガラス窓などの開口部外側に取り付けられる、雨風を防ぐための戸板のことです。
一時期雨戸は敬遠されてましたが、現在では社会情勢の変化により雨風を防ぐ以外の役割の「防犯性能」が評価されて普及率が上がっています。

※雨戸の種類
・シャッタータイプ
近年、最も人気があるのがシャッタータイプです。
雨戸が蛇腹式になっていてバネで上に巻き取る方式なので、通常の横引雨戸のように開閉時に大きな戸袋などで場所を取られることはありません。
開閉作業は基本的に上下に行ないますが、お年寄りの方でも開閉できるぐらい僅かな力でも可能になっていますし、また電動式のタイプもあります。一部のシャッターでは、両サイドに開閉できる雨戸もあります。

・折り戸タイプ
雨戸が外側に向けて両開きできる形状になっています。
洋風住宅に似合うのが、この折り戸タイプの雨戸です。
洋風住宅を建築予定で見た目重視の方は、検討する価値はあると思います。

・引き戸タイプ
昔から日本にある雨戸のタイプです。
雨戸と聞いて頭の中に浮かんでくるイメージが引き戸タイプです。
現在では、その数が減少しつつあります。その理由は建築基準法の改正で昔の家のように広縁タイプの大きな窓が作れなくなったのが主な原因です。それと「大きな戸袋」と「開閉時の手間」です。
「大きな戸袋」はデザイン的にも良くなく「開閉時の手間」も戸袋から雨戸を出し入れするのも重労働で高齢者には厳しいです。

※雨戸の役割
・雨風よけ
雨戸という名前の由来通り、雨戸には雨風を防ぐ役割があります。
筑後地区では特に台風の通り道だったこともあり、この雨戸があるとないとでは、その被害額に大きな差が出た言っても過言ではありません。

・防犯&防火
近年、注目を浴びている雨戸の役割が「防犯&防火」効果です。
シャッタータイプの雨戸は、アルミ、スチール等の丈夫な金属素材で作られているので「防犯&防火」には大変効果的です。
また、雨戸にもカギが付いていますし、電動シャッターにすればモーターでのロック機構と蛇腹部分にもカギが付き、窓ガラスとで二重カギになり、防犯効果が一層増します。

・防寒
雨戸が無ければ、窓ガラスとカーテンだけで熱が逃げやすく寒いですが、雨戸があれば三重構造になりますので、防寒効果はバツグンです。

※雨戸の必要性
社会情勢の変化があっても、雨戸の一番の役割は、雨の吹き込みや強風被害の防止です。
過去に台風の被害が大きかった筑後地区では必須ではありますが、台風が来ない通らない地区ではあまり必要ではないかも知れません。

近年では、全国的に二重、三重窓ガラスや防犯窓ガラスが普及しはじめて、新築では雨戸の絶対数も僅かに減少傾向にあるようですが、通常のガラスよりは強度を増した防犯窓ガラスと言えどもガラスはガラスなので割れます。

突き抜けなくても、割れた窓ガラスのままでは、あとの見た目が悪いです。やはり交換するしかないようになります。
シャッターですと、凹むくらいでしょうし凹んでも全交換はまれで、蛇腹部分を取り換えるだけで済みますから経済的です。

雨戸の必要性の有無は、地域気候やあなたの生活スタイル、家族構成や防犯意識の高さによってその答えは変わってきます。
まだ小さい子供がいる家庭、高齢のご両親と同居など、現在から将来の生活シーンと天候を思い浮かべながら、雨戸の必要性を考えて検討されると良いと思います。

土日祝日も営業中!お問い合わせはお気軽に!
TEL 0942-73-5138 ( 7:00~21:00 )
久留米シャッター販売 
メールでのお問い合わせ ⇒こちらから 
担当   原田

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 車庫と窓のシャッター専門店/久留米シャッター販売 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます