シャッター専門店・車庫・倉庫・窓/久留米シャッター販売

シャッターに関することは、お気軽にお問い合わせください。

◎ シャッターの事なら私達にお任せ下さい!
◎ メーカー責任施工なので安心して頂けます!
◎ 工事後のアフターサービスにも万全を期しています!

◎ 手動のシャッターを電動にしたい!
◎ 重たくなったシャッターを取り替えたい!
◎ 新規に車庫・倉庫シャッターを取り付けたい!
◎ 只今、車庫シャッター・倉庫シャッター
  の電動化キャンペーン中!お気軽にお問い合わせ下さい。


◎ お問い合わせ、現地調査、お見積は無料です!
  まずは、お気軽にご相談ください。
  しつこい勧誘・催促は一切いたしません。

◎ お問い合わせ/ご相談 ( 土日祝日も営業 朝 7:00~夜 9:00)⇒ ⇒
0942-73-5138

◎ メールでのお問い合わせ(年中無休 24時間) ⇒ ⇒
⇒ info@kurume-shutter.jp

シャッター下地工事承ります。/久留米シャッター販売

シャッター販売店 様

大型シャッターの下地工事承ります。

御社の工事部として黒子に徹し、現地打ち合わせから鉄骨・溶接工事、アンカー・モルタル工事に至るまでシャッター取付前工事を全て請負ます。

車庫・ガレージの床面舗装工事、建屋の補修・リフォーム工事も承ります。



土日祝日も営業中!お問い合わせはお気軽に!

久留米シャッター販売
担当 原田
TEL 0942-73-5138 ( 午前 7:00~午後 9:00 )
メールでのお問い合わせ ⇒ こちらから
タグキーワード
  • No Tag

大型ガレージシャッターならお任せ!/久留米シャッター販売

大型ガレージシャッターなら久留米シャッター販売にお任せください。

スチールシャッター最大幅5.5m、アルミシャッター最大幅6.3mまで対応出来ます。

シャッターの土台工事も外注に頼ることなく当店で出来るので安心です。
鉄骨・溶接工事、アルミ、ステンレス他金属工事、大工工事も当店専属職人が行いますので安心してお任せ頂けます。

シャッターは三和シャッター工業(株)・文化シャッター(株)の二大シャッターメーカーの全商品からお好きなものを選ぶことが出来ます。
アルミ製、ステンレス製、スチール製、木製など様々な製品があります。

土日祝日も営業中!お問い合わせはお気軽に!

久留米シャッター販売
担当 原田
TEL 0942-73-5138 ( 午前 7:00~午後 9:00 )
メールでのお問い合わせ ⇒ こちらから
タグキーワード
  • No Tag

店舗シャッター取替なら久留米シャッター販売へお任せください。

テナント様、業態に合ったシャッターを取付ませんか?

建物に最初から付いてた、古ぼけたシャッター、錆びだらけのシャッター、お店のイメージを損ないます。

不動産会社、建物オーナー様への設置シャッター及び工事内容の説明など、当店で全て行います。

お気軽にご相談ください。


土日祝日も営業中!お問い合わせはお気軽に!

久留米シャッター販売
担当 原田
TEL 0942-73-5138 ( 午前 7:00~午後 9:00 )
メールでのお問い合わせ ⇒ こちらから
タグキーワード
  • No Tag

シャッターは長寿命!/久留米シャッター販売

これほどシャッターが普及しているのに、シャッター販売店は減少しています。

その原因は、長寿命にあります。

壊れてから、止まって動かなくなるまで30年・40年はザラなのです。

ほとんど一世代に1台なのです。

だから、日本でのシャッターメーカーの寡占が崩れないのです。

三和シャッター工業(株)・文化シャッター(株)の2社で90%以上のシェアと言われてます。

どこの販売店が注文しても、この大手2社にしか注文が行かないのです。

他に三協アルミやLIXILとかあるじゃないかと言われるかも知れませんが、全体の売り上げからすると微々たるものですし、上記大手2社がOEM(相手先ブランド製造)やODM(相手先ブランド製品設計・製造)を行ってるのです。

と言うことは、シャッター販売店の存在意義がなく減少するばかりなのです。

取り扱い店としては、住宅の一部でもありますから建設・建築、工務店・大工、ガラス・サッシ、住宅設備など建設関係のところなら、どこでも取り扱ってます。

ただ専門性に欠けるのです。専業ではありませんから、取替需要には対応出来ないところが多いのも事実です。
シャッターメーカーからシャッター本体と工事費込みで仕入れて販売するだけなのです。

先ほども書きましたが、30年・40年も経ったシャッター錆びて壊れて動かなくなったシャッター・・・土台である建物自体も補強が必要になってることは十分に考えられます。

それを見切る目が必要なのです。

シャッター専門店にお任せください。


土日祝日も営業中!お問い合わせはお気軽に!

久留米シャッター販売
担当 原田
TEL 0942-73-5138 ( 午前 7:00~午後 9:00 )
メールでのお問い合わせ ⇒ こちらから



タグキーワード
  • No Tag

価格が予算に合わない場合は値切ってください。

見積をもらったが高いように思える、予定していた金額に合わないなどありましたら、遠慮なく値切ってください。

メーカーに交渉して、なるべくお客様のご希望価格に添うように致します。

「まとめサイト」などで複数の業者から見積を取りましょう的な広告を多数見かけますが、当店にも仕事斡旋広告の電話やFAXが来ますが、ここは地域の業者に仕事を斡旋して20%~30%斡旋料を取ると言うシステムです。

いわば、何もしないでお金を儲けるのです。

確かに複数の見積を取って比較するのは良いと思いますが、地元に住んで地元で生活する業者が一番安心出来ます。

東京の、シャッターのことなど何も知らない業者が地元の業者に丸投げするのです。

地元の業者も売り上げから20%~30%も抜かれるのですから、たまったものではありません。

工事と言うものは、新築以外は何があるかわかりません。

既存のシャッターを外してみたら、柱が腐っていた、シャッターケースの土台部分が腐っていて補強が必要だったなど日常茶飯事です。

最初から値段が決まっていて、利益のほとんどを斡旋業者に持って行かれることがわかっていれば、途中で変更や補強工事の追加など不可能です。

赤字では工事はしませんし、仕事を受けた会社の現場監督もいない訳ですから、仕事を受けた範囲内でしか仕事はしません。

シャッター取替工事は、地元で長年工事業を営んでる「シャッター専門店」に頼むべきです。

値段が高いと思われるのなら、値切ればいいんです。

安心して信頼して頼める地元の業者に頼みましょう。


土日祝日も営業中!お問い合わせはお気軽に!

久留米シャッター販売
担当 原田
TEL 0942-73-5138 ( 午前 7:00~午後 9:00 )
メールでのお問い合わせ ⇒ こちらから


タグキーワード
  • No Tag
Copyright © シャッター専門店・車庫・倉庫・窓/久留米シャッター販売 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます