FC2ブログ

シャッター専門店・車庫・倉庫・窓/久留米シャッター販売

シャッターに関することは、お気軽にお問い合わせください。

◎ シャッターの事なら私達にお任せ下さい!
◎ メーカー責任施工なので安心して頂けます!
◎ 工事後のアフターサービスにも万全を期しています!

◎ 手動のシャッターを電動にしたい!
◎ 重たくなったシャッターを取り替えたい!
◎ 新規に車庫・倉庫シャッターを取り付けたい!
◎ 只今、車庫シャッター・倉庫シャッター
  の電動化キャンペーン中!お気軽にお問い合わせ下さい。


◎ お問い合わせ、現地調査、お見積は無料です!
  まずは、お気軽にご相談ください。
  しつこい勧誘・催促は一切いたしません。

◎ お問い合わせ/ご相談 ( 土日祝日も営業 朝 7:00~夜 9:00)⇒ ⇒
0942-73-5138

◎ メールでのお問い合わせ(年中無休 24時間) ⇒ ⇒
⇒ info@kurume-shutter.jp

窓シャッター雨戸があるところにサンルームを取付けたい!

Q. サンルーム・ガーデンルームをエクステリア店にお願いしたら、窓シャッター雨戸が邪魔になって取付られないと言われました。
それなら、解体してくださいと頼んだら、エクステリア店では解体できないのでシャッター屋さんにお願いしてくださいと言われましたので、解体だけですけどを願い出来ますか?

A. もちろん解体だけでも大丈夫です。

ただエクステリア店が解体できないと言ったことが疑問です。エクステリア店は窓シャッターも取り扱ってますし取付・取り外し工事も行ってますのに出来ないとは・・・

後日、現地調査のお約束をして訪問しましたところ、窓シャッター雨戸が壁に埋まってる(先付けシャッター)でした。
先付けシャッターとは、家を新築するときにに壁を仕上げる前にシャッターを取り付けるシャッターのことです。

シャッターケース、シャッターレールが壁に埋まってる状態のシャッターを解体すると言うことは、窓の枠を壊してシャッターを取り外すことになります。費用も大きくなり工期も長くなります。

窓シャッター雨戸は壊れてる訳でもなく現役で稼働してるものを、わざわざ壊すのではなくサンルーム・ガーデンルームを改造して取り付ける提案をしました。改造の費用はかかりますが、窓を壊して復旧する費用と比べれば少なく出来ます。




◎ お問い合わせ、現地調査、お見積は無料です!
  まずは、お気軽にご相談ください。

  しつこい勧誘・催促は一切いたしません。

 久留米シャッター販売  担当:原田

◎ お問い合わせ/ご相談 ( 土日祝日も営業 朝 7:00~夜 9:00)⇒ ⇒
  ⇒ 0942-73-5138



タグキーワード
  • No Tag

横引パネルシャッター取り扱い開始しました。

通常シャッターは、上から下へ降りるものですが、横引シャッターは文字通り横に引くシャッターです。右引きでも左引きでも、真ん中から引き分け(両開き)も出来ますし、強度もあり通常シャッターよりも耐風圧が強く大開口車庫や店舗にもお勧めです。

シャッターはシャッターを巻き取るスペースが必要ですが、横引シャッターは巻き取る側が横ですからサイドにスペースがあれば良いので、天井が低い、ビルの1階など天井の梁が邪魔してシャッターケースが付けられない場所にも対応します。

手動シャッターはケース高が36cm程度、電動シャッターは最小でもケース高40cmはありますが、横引シャッターは最小サイズで僅か10cm程度あれば納まります。(種類やサイズにより変わります)





◎ お問い合わせ、現地調査、お見積は無料です!
  まずは、お気軽にご相談ください。

  しつこい勧誘・催促は一切いたしません。

 久留米シャッター販売  担当:原田

◎ お問い合わせ/ご相談 ( 土日祝日も営業 朝 7:00~夜 9:00)⇒ ⇒
  ⇒ 0942-73-5138



タグキーワード
  • No Tag

シャッターは手動でも電動でも下地工事が大事です。

特に2連装のシャッター、真ん中に柱が立つタイプのシャッターが「M」型に曲がってる、真ん中に中柱とは「別の支え棒」が立ってるのはシャッターケースの裏側に下地工事がなされてない証拠です。

こういう状態のシャッターを元に戻すのは今のシャッターを取り外して、下地工事をし直して再取付しか方法はありませんが、シャッター自体簡単に取り外しが出来るようになってませんし、今付いてるものを外して、歪んで変形してるシャッターを修理して、下地工事をして再取付となると新規に購入するよりも高くなる場合があります。(手動シャッターの場合)

電動シャッターの場合でもガタついたり、開閉スピードが通常スピードより遅かったり不具合が発生します。

建築屋さんだから、工務店だから大丈夫ではなく、シャッターはシャッター専門店に注文するのが適切です。


◎ お問い合わせ、現地調査、お見積は無料です!
  まずは、お気軽にご相談ください。

  しつこい勧誘・催促は一切いたしません。

 久留米シャッター販売  担当:原田

◎ お問い合わせ/ご相談 ( 土日祝日も営業 朝 7:00~夜 9:00)⇒ ⇒
  ⇒ 0942-73-5138



タグキーワード
  • No Tag

車庫造りも久留米シャッター販売へお任せください。

カーポートや、屋根なしカースペースなどを囲ってシャッターを取り付ける、引き戸やスライドドアなどを取り付けるなどありましたら、久留米シャッター販売にお任せください。

大工職人、建築金物職人など在籍しておりますので、木造でも鉄骨造りでも、アルミやステンレスなど組み合わせ他店では出来ないこと何でも考え創造施工致します。

子供さんの飛び出し防止や防犯効果もあるのでシャッターは最適です。省スペースです。

左右に余裕のない場所では、引き戸やスライドドアなどは扉を収める場所が必要ですが、シャッターは上に巻き取る方式なので上の空間がある場合は有効です。

上の空間がない屋根や天井が低いところなども、屋根の上にシャッターケースを乗せる、天井の中に設置するなど出来ないことはありませんので、一度相談されてはいかがでしょう。


◎ お問い合わせ、現地調査、お見積は無料です!
  まずは、お気軽にご相談ください。

  しつこい勧誘・催促は一切いたしません。

 久留米シャッター販売  担当:原田

◎ お問い合わせ/ご相談 ( 土日祝日も営業 朝 7:00~夜 9:00)⇒ ⇒
  ⇒ 0942-73-5138



タグキーワード
  • No Tag

手動シャッターから電動シャッターへの取替、価格が安すぎるのは危険です。

手動シャッターも電動シャッターも一流メーカー製なら何も問題ありませんが、問題はシャッターの下地にあります。ここを手抜きすればシャッターの寿命や稼働に大きな影響を与えます。

手動シャッターのシャッターケースより電動シャッターのケースが大きくなり重さも重くなります。
手動シャッターケースの裏側に現在あるシャッターケースを支える下地材より大きく強固な下地材を作らなければなりません。

販売店によっては、ここのところをパスして手動シャッターの下地材のまま電動シャッターを取り付けるところがあります。特に天井の中に組み込まれてるようなシャッターは目に見えないので業者次第のところがあります。

見積書の中に項目と説明があるかシッカリあるか確認しましょう。




◎ お問い合わせ、現地調査、お見積は無料です!
  まずは、お気軽にご相談ください。

  しつこい勧誘・催促は一切いたしません。

 久留米シャッター販売  担当:原田

◎ お問い合わせ/ご相談 ( 土日祝日も営業 朝 7:00~夜 9:00)⇒ ⇒
  ⇒ 0942-73-5138



タグキーワード
  • No Tag